トヨタ

【トヨタ スープラ プロトタイプ 試乗】「闇鍋状態」でも見えた、スペックの片鱗とは[360度動画]

投稿日:

1月のデトロイトモーターショーでの発表が確定しているトヨタ新型『スープラ』。そのプロトタイプがいよいよ日本上陸だ。そのスペックは明かされぬまま、袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された試乗会。その様子、そして走りを、世界初(?)360度VR動画でお見せしよう。

とは言っても、試乗会当日はあいにくの雨。限界性能を試すことはできなかったが、新型スープラ市販モデルを紐解くいくつかのヒントを垣間見ることができた。事前に与えられた情報は、「3リットルの直6エンジンでFR」「86よりも短い全長、ホイールベース」「86よりも低い重心高」「前後重量比50:50」「ボディ剛性は86の2.5倍でレクサスLFAをも超える」「アダプティブ・バリアブル・サスペンション(AVS)を装備」「アクティブディファレンシャルを装備」など。気になる出力など詳細なスペックは明かされていない。

ステアリングを握るのはレーサー桂伸一氏。今回は、レスポンスでも人気のモータージャーナリスト岩貞るみこ氏が同乗し、「闇鍋状態」のスープラの謎にせまる。「これからのトヨタ車はこうあってほしい」と語る桂氏の真意とは?BMW Z4との関係は?86との違いは? 覆われたヴェールからチラチラと見える内装にも要注目だ。ぜひ動画で確かめていただきたい。

協力・トヨタ自動車
撮影・編集 佐藤靖彦

-トヨタ
-, , , , , , , , ,

Copyright© 車の世界 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。