日産

【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?

投稿日:

【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?
-------------------------
すべての画像を見る 「働くクルマ」の代表格といえばトラックがまず思い浮かびますが、トヨタのプロボックスやニッサンのNV200などの「商用バン」も縁の下の力持ち的な存在として見逃せません。さらに、それらのバンをベースとしたワゴンもありますが、なかなか目にされていないかもしれません。 今回紹介する「e-NV200」は、商用バンをベースとした「7人乗りのワゴン」です。「e」の冠が付く正式な「EV」ですので、プライベートでもリーフを所有している筆者としては、その性能を確認せずにはいられません。今回は、2018年にマイナーチェンジをした「e-NV200」の使い勝手や、乗り味など、気になる所を見ていきます。 ●どんなクルマ? e-NV200のベースとなるNV200は、日産が2009年に発売開始した世界戦略車です。日本以外にも、マレーシア、インド、インドネシア、南アフリカなど、アジアやアフリカでも販売されています。 サイズは全長4,560mm、全幅1,755mm、全高1,855mmと、比較的「小振りなワゴン車」の印象です。とはいえ、セレナが全長4,690mm、全幅1,695mm、全高1,865mmですから、セレナよりも全長が130mm短く、幅は60mm広いというディメンジョンです。後席を倒すと、最大で1,830mmの長尺物も積み込めるというのがe-NV200のウリの一つです。 駆動用バッテリーの容量は、2018年のマイナーチェンジで、24kWhから40kWhへと、約1.7倍ものサイズアップがなされ、一充電走行距離も190kmから300km(JC08モード)と大幅に向上。ただ、リーフ(ZE1)の40kWhだと一充電走行距離400km(JC08モード)なので、e-NV200の最大積載量550kgを入れて2.2トンにもなる重量が、電費に影響してしまっているようです。 メーカー希望小売価格は、商用バンが395万4960円〜405万4320円。乗用ワゴンは5人乗りが460万800円、7人乗りが476万2800円と結構なお値段であり、国や自治体から助成金が出ることが想定されているのでしょうが、売る気があるようには思えない価格設定となっています。 現行リーフと同じEM57型モーターを搭載。109ps・25.9kgfと控えめな数値は、e-NV200の使用シーンに合わせたチューニングが施されている...
-------------------------
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
-------------------------
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: anhxu984723234@gmail.com
-------------------------
Thanks For Watching !

-日産

Copyright© 車の世界 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。