トヨタ

クジラと呼ばれる車。 当時不評だった第4世代トヨタ・クラウンはクールでした!

投稿日:

クジラと呼ばれる車。 当時不評だった第4世代トヨタ・クラウンはクールでした!
-------------------------
4代目トヨタ クラウンセダン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved. ユーザーからの愛を求め、そして受け入れられなかった哀しき『クジラ』 4代目トヨタ クラウンセダン / © TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved. 先代の3代目で個人ユーザーへのアピールにこだわりすぎた結果、後期型では保守的なデザインへと手直しされたクラウンですが、1971年2月には再び個人ユーザー獲得への果敢なる挑戦を行い、「これがクラウン?!」と誰もが驚く大変身を遂げました。 それまでは、程度の差こそあれ高級車としての重厚感を大事にしていたクラウンが、そうした保守的なデザインをかなぐり捨てるように、高級セダンというより若々しいスポーツセダンとして生まれ変わったのです。 さらには従来のトヨグライドに代わる電子制御AT、後輪のアンチスキッド(ABSの原型)を追加設定し、大排気量3ナンバー車も設定するなど、とにかく走りに関わる部分を攻める方向に。 それでいてボディカラーはセンチュリーと同じく漢字表記にし、ショーファードリブン(運転手付きでオーナーは後席に乗る)向けに電動リクライニング式リアセパレートシート(後席2人乗り)を採用するなど、ラグジュアリー志向も捨てない一面もありました。 そんな大きな変貌の中で特に問題となったのはこのデザインで、当時の保守的なユーザーからすれば「なんだこりゃ?!」と唖然とするほか無く、保守的デザインで登場した日産 セドリック / グロリアにユーザーが大量流出し、販売台数クラストップの座を逆転される程だったのです。 後世になって真逆の評価を受けることになりますが、当時のトヨタにとっては帝王クラウンがとんでもないことになったと、まさに大ピンチを招く結果に。 その独特なデザインから『クジラ』との通称がつけられたものの、このままではクジラより先に絶滅しかねないと次世代以降のクラウンからしばらくは超保守路線をひた走ることになりました。 今ならよくやったと大絶賛されそうなデザインも、当時は全てが裏目に 4代目トヨタ クラウン2ドアハードトップ / © TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved. この代か...
-------------------------
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCsB4Q4d1MhcBtDUxiNVPYQg?sub_confirmation=1
-------------------------
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: connorsimmons7083@gmail.com
-------------------------
Thanks For Watching !
-------------------------
New model of Toyota Crown: https://www.youtube.com/watch?v=oyI66rjTFoc
Subscribe Now: https://www.youtube.com/channel/UCeeGK-wh-Pvp3BXHTvdQy9w?sub_confirmation=1

-トヨタ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 車の世界 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。