スズキ

スズキ、インドでの累計生産台数2,000万台を達成。4輪車生産開始後、34年5ヶ月での到達は日本での記録を抜く早さ

更新日:

スズキ、インドでの累計生産台数2,000万台を達成。4輪車生産開始後、34年5ヶ月での到達は日本での記録を抜く早さ
Thanks you verry much, like and sub video channel:https://goo.gl/kdAXKi
スズキが6月4日、インドにおける4輪車の累計生産2,000万台を達成したと発表しました。
1983年12月の生産開始から34年5カ月で達成したもので、最多生産車種は「アルト」の約317万台。2,000万台目はグジャラート工場で生産した「スイフト」だったそうです。
インドでの2,000万台達成は日本の45年9カ月を抜いて最速となる模様。同社は1983年12月に子会社マルチ・スズキ社の前身であるマルチ・ウドヨグ社で生産第1号車「マルチ800」をラインオフさせて以来、インドの経済成長に伴う需要拡大に合わせて生産台数と車種を増やして来ました。
2017年度の生産実績は約178万台で、インド国内で165万台を販売、欧州、日本、アジア、アフリカ、中南米など、100ヵ国以上の国や地域へ13万台を輸出。
現在は、マルチ・スズキ社のグルガオン工場とマネサール工場に加え、スズキ100%出資により設立したグジャラート工場の3拠点で「ディザイア」、「バレーノ」、「アルト」、「スイフト」、「ワゴンR」、「ビターラ・ブレッツァ」など16車種を生産しているそうです。
(Avanti Yasunori・画像:SUZUKI)
【関連記事】
トヨタとスズキ、新たな共同プロジェクトに向けた協議を開始すると発表
https://clicccar.com/2018/05/26/593315/
スズキ4代目「ジムニー」、さらにスクエアになって7月上旬発売か?
https://clicccar.com/2018/05/16/589890/
スズキ、世界販売で初の300万台突破!2018年3月期の純利益が35%増に
https://clicccar.com/2018/05/13/588967/
スズキ・スイフトが「世界で最も都市に似合う車」に選出
https://clicccar.com/2018/04/03/574607/
スズキが2020年のEV発売に向け、インドで駆動用バッテリーの量産準備へ
https://clicccar.com/2018/02

-スズキ
-,

Copyright© 車の世界 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。