トヨタ

トヨタ新型クラウンが2018年6月25日にフルモデルチェンジか!新型クラウンの安全装備や自動運転技術、デザインの変更点、PHVとFCV登場の噂や価格、燃費、発売日などのを徹底予想し、最新情報をご紹介。

投稿日:

トヨタ新型クラウンが2018年6月25日にフルモデルチェンジか!新型クラウンの安全装備や自動運転技術、デザインの変更点、PHVとFCV登場の噂や価格、燃費、発売日などのを徹底予想し、最新情報をご紹介。新型クラウンのテスト車両が公道を走行している様子もすでにスクープされています!新型クラウンもアスリート/ロイヤル/マジェスタのラインナップは継続するかについても解説。:
http://car-moby.jp/153112.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UCDDdD8pFkRjKjqsPpAuS-UA?sub_confirmation=1
発売日迫る!トヨタ クラウンがいよいよ6月26日にフルモデルチェンジ トヨタは2018年6月26日に開催するイベント「THE CONNECTED DAY」にて、新型クラウンを発表します。発売日は不明ですが、間近に迫っていることは間違いないでしょう。発表と同時に発売となる可能性もあります。 THE CONNECTED DAYはトヨタ初の本格コネクティッドカーとなる「新型クラウン」「新型カローラ」を紹介し、モビリティ社会への新たな取り組みを発信するイベント。全国7会場で同時開催予定で、当該サイトでは参加者を募集しています。 新型クラウンのフルモデルチェンジに際し、注目ポイントは以下3点です。 ・「アスリート/ロイヤル/マジェスタ」の構成が一新される可能性大 ・エンジンはV6 3.5Lターボ、直4 2.5Lハイブリッド、直4 2.0Lターボか ・FRで初めてTNGAプラットフォームを採用 特に「アスリート/ロイヤル/マジェスタ」という名前の廃止については注目を集めています。 新型クラウンのフルモデルチェンジ内容について、MOBYが収集した最新情報や予想をまとめました。 【6/26開催】THE CONNECTED DAYについてはこちら 新型クラウンはマジェスタ・アスリートを廃止し統合 フルモデルチェンジ後の新型クラウンから、ロイヤル、アスリートというサブネームが消えてしまう可能性が大いに高まっています。 現行のクラウンは、ベーシックな「ロイヤル」、スポーツ志向の「アスリート」、高級志向の「マジェスタ」の3タイプのシリーズ構成です。この3シリーズは外装、内装デザイン、パワートレインなどのほぼすべてに違いがあり、それぞれ異なるユーザーを獲得しています。 今回、このシリーズを1つに統合し、3つのエンジンを用意。それぞれのエンジンを搭載するモデルが、ロイヤル、アスリート、マジェスタを実質的に継承するとみられます。ただし、「クラウンロイヤル」に関してはサブネームとして引き続き採用される、という見方もあります。 ユーザーの使い勝手向上や日本の道路への最適化を行ってきたクラウン。「車の選び方」に関しても、日本のユーザーニーズに合わせ続けるため、新たな取り組みとしてサブネームを廃止するようです。 現行クラウン アスリート/ロイヤル/マジェスタとは 現行のトヨタ クラウンは「クラウンアスリート」「クラウンロイヤル」「クラウンマジェスタ」という3シリーズ構成となっています。 スポーティさを強調したアスリート、内外装ともに上質さにこだわったロイヤル、パワフルなエンジンとロングホイールベースでゆとりのあるマジェスタと、それぞれが異なった特徴を持っています。 スポーティーな走りとモダンな外装が特徴のクラウンアスリート。対象的に、クラウンロイヤルは比較的年齢層が高いユーザーに向けて開発されています。また、ロイヤルは快適な乗り心地を追求したセダンで、内装もクラウンアスリートよりも落ち着いた印象です。 フラッグシップモデルであるクラウンマジェスタは、ロングホイールベースのためボディサイズやスペックが異なっています。さらに、アスリートとロイヤルがガソリンおよびハイブリッドを用意しているのに対し、マジェスタはハイブリッドのみ。マジェスタのハイブリッドエンジンは燃費向上だけでなく、パワフルなエンジンをモーターでさらに補助し、走行性能を高めています。 シリーズを統合した新型クラウンはエンジンで旧3シリーズを継承 これまでのクラウンのフルモデルチェンジ予想では、直列4気筒エンジン1本となる説が有力でした。しかしここにきてマジェスタ・アスリート・ロイヤルのシリーズが廃止、1つに統合される説が有力に。エンジンについても、それぞれのシリーズに該当するかのように3タイプがラインナップされる可能性が濃厚です。 新型クラウンに採用される可能性が高いエンジンについて解説します。 <参考>現行型クラウンシリーズのエンジンラインナップ V6 3.5Lターボ 新型クラウンのエンジンは、かねてから予想されていた新開発の直列4気筒2.0Lターボと2.5Lハイブリッドの他に、V6 3.5Lハイブリッドが追加されるもようです。 このV6 3.5Lはレクサス LS500hに搭載されているエンジン。新型クラウン向けにブラッシュアップしたものとなるようです。 このV6 3.5Lハイブリッドエンジンを搭載するグレードは現行のマジェスタの実質的後継にあたり、同車のユーザーの乗り換えや、プレミアムサルーンを求めるユーザーをターゲットとしているとみてよいでしょう。 直4 2.5Lハイブリッド 新開発エンジンである直列4気筒2.5Lターボ。新開発のダイナミックフォースエンジンを採用していると考えられます。今年4月の北京モーターショーで発表された新型「レクサスES」に搭載されるエンジンと同じものでしょう。 ダイナミックフォースエンジンはA25A-FXSエンジンをFR用に再レイアウト。出力モーターを搭載するハイブリッドシステムTHS-IIと組み合わせ、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化などを実現しています。 このエンジンは、今後のトヨタ、レクサスの両ブランドの高級セダンや高級SUVに順次搭載されるメインエンジンとなるもようです。 直4 2.0Lターボ 昨年にマイナーチェンジされたハリアーに採用された、新開発直4 2.0L直噴ターボエンジンの改良版エンジン。当初の予想ではダウンサイジングによりこのエンジンのみをラインナップするのではとも言われていました。 コンパクトで排気量の少ないエンジンをターボパワーで補っている2.0L直噴ターボ。新型クラウンのエントリーモデルに搭載されるものとみられます。 トヨタ新型クラウンの燃費は大幅向上か 現行モデルのクラウン ハイブリッド車(2WD)のJC08モード燃費は23.2km/Lとなっています。25%の燃費向上が期待されるTNGAが投入されることを考慮すれば、単純に計算をすると新型クラウン ハイブリッドの燃費は29km/Lとなります。 また、同じダイナミックフォースエンジンを搭載している新型カムリ ハイブリッドの最高燃費は33.4km/Lであることから考えると、新エンジンの性能やTNGAの採用次第では新型クラウン ハイブリッドの燃費が30km/Lを超える可能性もあるかもしれません。 燃費についての公式な詳細はありませんが、発表が待ち遠しいですね。 FRモデルとして初めてTNGAを採用!ニュルを走り込んで気合十分 新型クラウンにはトヨタが送り出す最新「TNGA」の基づいて開発された新型プラットフォームが搭載されます。 数々のトヨタ車に採用され始めたTNGAですが、今までFR車には未搭載。今回新型クラウンのコンセプトカーにトヨタのFR車として初のTNGAの採用されることがわかりました。 はTNGAを採用することで低重心となり、高速運転での安定性が向上したそうです。 トヨタが次世代車に投入するTNGAとは TNGAとは「TOYOTA New G
#トヨタ新型クラウンが2018年6月25日にフルモデルチェンジか!新型クラウンの安全装備や自動運転技術、デザインの変更点、PHVとFCV登場の噂や価格、燃費、発売日などのを徹底予想し、最新情報をご紹介新型クラウンのテスト車両が公道を走行している様子もすでにスクープされています!新型クラウンもアスリートロイヤルマジェスタのラインナップは継続するかについても解説
#クラウン, #モデルチェンジ, #ハイブリッド, #ダウンサイジングターボ自動運転

-トヨタ
-, , , , , , , , ,

Copyright© 車の世界 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。