マツダ

マツダ CX 5 特別仕様車を注文 X1やフォレスターと比較して魅力を感じた所

投稿日:

トヨタ 新型クラウン ハイブリッド 納車後2週間の率直な感想(装備の使い心地や、リセール時に有利に働く選びかたなど)

マツダ アテンザ 声を大にして言いたい事(納車後のオーナーの声)【音声読み上げ】

マツダ アテンザ レジェンドから乗り換えた感想 装備や内装・燃費について

スバル レヴォーグ セルシオから乗り換えて1000km走った感想 乗り心地 走りなど

●インテリア

CX5>>フォレスター≧X1

現時点でのCX-5のLパケと他2台を比較しても、質感の高さは圧倒的です。
金に糸目をつけないならばまだまだ上はいるかと思いますが、この価格帯では敵がいません。

これが特別仕様車になると、もう一段上がるのかと思うともっと上の価格帯の車と比べなければ、相手がいません。ここまでくるとマツダの企業努力に脱帽いたします。

フォレスターとX1の質感が悪いというわけではありませんが、CX-5と比べると、ワンランク下に見えます。

●ここは他2台に劣る

ただし室内空間や見切りの良さでは、他の2台に劣ります。私の場合は、ここよりもインテリアの質感に目が行ったので、CX-5が一番良いと感じました。

また、バックカメラや360°カメラがついているので、7インチでもせめて解像度がもう少し高ければ良かったとは思います。

●エンジン

CX5>X1>>フォレスター
エンジンに関しては450Nの190馬力と街乗り・高速共に、不安を感じる所がありません。前に乗っていた2リッターNAと比べると、圧倒的な出力と燃費は感動ものです。 

目るBMWのディーゼルと比べると・・・

BMWも悪くは無いですが、静粛性と性能でマツダに軍配があがります。

●フォレスターと比べると・・・

燃費の面や税金の減税等も無いので、コスト的にフォレスターは不利に感じました。

●走り

家族にとってはフォレスターが一番良かったです。CX-5の後席にいる家族からは室内空間が最も狭く、窓が小さいこともあって、フォレスターと比べると圧迫感があるとのことでした。

●先進装備

CX-5とフォレスターが同等に感じました。ただし、ACCの挙動はアイサイトの方がより自然でした。

X1は挙動が良くありません。

●コスパ最強

特別仕様車の金額については450万位になりました。フォレスターのプレミアムで430万円、X1は540万です。そうそうにX1は候補から外れました。

CX5よりもフォレスターのほうが安かったですが、差額を含めてもCX-5が一番満足できそうなので、注文しました。

マツダ CX 5 特別仕様車を注文 X1やフォレスターと比較して魅力を感じた所

-マツダ
-, ,

Copyright© 車の世界 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。