マツダ

マツダ アクセラ|2019年発売の新型情報から燃費や評価、中古価格まで

投稿日:

マツダ アクセラ|2019年発売の新型情報から燃費や評価、中古価格まで
-------------------------
マツダ アクセラの歴史を振返る かつてマツダにはファミリアという車種がありました。この車種はトヨタで言うカローラクラスの車格で、一般大衆向けの量産車だったのです。1963年より製造が始まったファミリアは9代目までモデルチェンジを行い2004年で同モデル販売の幕を閉じました。もちろん、マツダはファミリア生産終了後も、この手の大衆車を計画しており、その後継車種こそがアクセラなのです。 2003年より発売が始まったアクセラはファミリアよりボディサイズがわずかに拡大され、世界戦略車両としてデビューしました。欧州で言うところのCセグメントクラスとしてライバル車をフォルクスワーゲンのゴルフとして話題を呼びました。欧州車をライバル視できる一つの理由として、ボルボのS40やV50、またフォードのフォーカスとプラットフォームを共用しておりました。すなわち骨格は輸入差と同等だったのです。こうして、マツダの主力車種として進化し続け2019年現在で3代目となり、デザイン性や燃費、そして走行性能は確実に世界に通用するものへと成長しました。 ■初代モデル 2003年10月~ マツダ・アクセラ(BK系)には、ボディタイプで二つの選択があります。 控えめな4ドアセダンと、スポーティさを演出する5ドアハッチバックです。 外観の印象としては、4ドアセダンよりも5ドアハッチバックの方が、軽快感があり若者向けの印象があります。4ドアセダンはそのままマツダ・アクセラと呼ばれ、5ドアハッチバックはマツダ・アックラスポーツという名称が与えられています。名前からしてアクティブな世代をターゲットにしていることが伝わってきます。 どちらのタイプも所有者によるレビューでは基本的には高評価で、ハンドリングについてはマツダらしい味付けが成されています。ラゲッジ容積も実用面で不満の声がなく、まさに大衆向けの仕様と言えるでしょう。強いて言うなれば、燃費が期待通りでない点がマイナス点となっています。 スペックは以下の通りです。  4ドアセダン 全長4.48~4.54m 全高 1.47~1.51m 全幅 1.75m ホイールベース2.64m 最高出力 114~175ps 燃費(10.15モード) 11.8~18.0Km/L 駆動方式 FFもしくは4WD 排気量 1.5、2.0、2.3L 乗車定員5人  5ドアハッチバック 全長4....
-------------------------
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
-------------------------
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

-------------------------
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
-------------------------
ありがとうございました !

-マツダ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 車の世界 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。