マツダ

マツダ ユーノスコスモは加速も燃費も超ド級!現在の中古価格は?

投稿日:

マツダ ユーノスコスモは加速も燃費も超ド級!現在の中古価格は?
-------------------------
ユーノスコスモとは ユーノスコスモとは、1990年から1996年までマツダから発売されていた、クーペ(2ドアスタイルでスポーティーな普通乗用車)です。マツダといえば、独自に開発してきたロータリーエンジンの技術が有名で、このユーノスコスモもマツダ謹製の技術をふんだんに盛り込んだ車でした。ユーノスコスモはロータリーエンジンならではの高回転を活かし、優れた加速力とトルクで素晴らしい走り味を見せました。高い走行性能を持つ反面燃費が悪いという欠点もあったものの、欠点も可愛く思えるような魅力を持ち、現在では生産中止になり20年以上が経ちますが、大切に乗っているユーザーも存在します。 ユーノスコスモの歴史 ユーノスコスモはロータリーエンジンを採用した車として有名ですが、実はその前身にあたるコスモスポーツは世界初のロータリーエンジンを採用した量産車でした。コスモスポーツは1967年5月に発売され、その特徴的なフォルムとロータリーエンジンの珍しさから日本中の注目を浴びました。あまりにも時代を先取りしすぎたためか、大評判となる反響は起こさなかったようですが、現在もマツダで続くロータリーエンジン技術のさきがけとなる記念的な車です。ロータリーエンジンと言えば誰もがマツダを想像するように、その歴史はコスモスポーツから始まりました。当時の東洋工業(現マツダ)では、自動車市場での競争力を増すために、セールスポイントとなる技術を探していました。もちろん東洋工業以外の他メーカーも同じ考えで日夜研究を重ねており、ロータリーエンジン技術にどのメーカーも注目していました。しかし、当時作成されていたロータリーエンジンは多くの問題を残しており、すぐには自動車エンジンとして安定した性能を見せられるものではありませんでした。当時社長であった松田恒次(つねじ)氏は、ロータリーエンジンを製作していた西ドイツのNSU社に社員を派遣し、のちに社内にロータリーエンジン研究部を発足させました。ロータリーエンジン開発の取り組みは世界最先端の分野ということもあって、なかなか思うようには進みませんでした。エンジンの回転に伴ってロータリー部分の頂点が内部に当たり傷を作る問題が思うように解決できなかったのです。当時の開発陣達は問題を解決すべく、時には牛の骨さえも使って実験を繰り返しました。社内の風当たりも強くなる中、実験は1963年に...
-------------------------
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
-------------------------
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: anhxu984723234@gmail.com
-------------------------
Thanks For Watching !

-マツダ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 車の世界 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。