トヨタ

日本車なのに冷めている日本人? トヨタ・スープラ復活を誰よりも喜んだのはアメリカ人という真実

投稿日:

日本車なのに冷めている日本人? トヨタ・スープラ復活を誰よりも喜んだのはアメリカ人という真実
-------------------------
デトロイトショーでは「ウェルカム・バック」の声  2019年1月14日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)。トヨタブースで華々しく、新型『スープラ』が発表された。 日本では12月上旬、袖ケ浦フォレストレースウエイ(千葉県袖ケ浦市)で量産試作車を使ったメディア試乗会が実施され、じつはその場に、量産型の展示があった。年が明けてワールドプレミアされる時がエンバーゴ(情報解禁日)に設定されていた。 デトロイトショー現地で実車を初めて見たアメリカ人ジャーナリスト、さらにはトヨタディーラー関係者、さらには欧米や韓国の自動車業界関係者たち、皆が揃って笑顔を見せた。心から「ウェルカム・バック(おかえりなさい)」と言ったのだ。 そもそも、『スープラ』は日本の『セリカXX(ダブルエックス)』の輸出版だ。だが、世界でもっとも『スープラ』を愛したのはアメリカ人だったように、筆者には思える。 だからこそ、今回の新型についても「なんとか、スープラを復活して欲しい」という言葉はアメリカが世界の中で最も強かった。新型『スープラ』の開発責任者である、トヨタの多田哲哉氏は数年前のことをそう振り返る。 アメリカのトヨタディーラー関係者も「これは凄い物を用意してくれたものだ。このスタイリングで、このパワートレイン。これは必ず売れる!」と太鼓判を押す。 スープラのライバルはあのコルベット! 『スープラ』のライバルはGMシボレー『コルベット』。これは至極当然の関係性である。 近年、アメリカ市場の売れ筋といえば、『カローラ』『シビック』などのCセグメント、また『カムリ』『アコード』のDセグメントのセダンから、コンパクトSUVやミッドサイズSUVへのシフトが加速している。 また、以前はアメリカでドル箱だった2ドアクーペ、さらにはそれらのコンバーチブルモデルは車種が一気に減少し、こうしたマーケットもSUVやクロスオーバーへと転移している。 そうしたなか、ハイパワーの2ドアクーペといえば、『コルベット』が筆頭で、シボレー『カマロ』、フォード『マスタング』、ダッジ『チャレンジャー』が中心的存在だ。このラインアップのなかで、やはり『スープラ』と同格といえば、やはり『コルベット』だろう。価格帯でも、パフォーマンス仕様を含めてガチンコライバルになりそうだ。 一方、『スープラ』兄弟車であるBMW『Z4』はライバルにな...
-------------------------
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
-------------------------
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

-------------------------
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
-------------------------
ありがとうございました !

-トヨタ
-, , ,

Copyright© 車の世界 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。