日産

日産新型セレナe-POWER vs ライバル車4選!燃費・価格・性能で比較【最新ミニバン対決】

投稿日:

日産新型セレナe-POWER vs ライバル車4選!燃費・価格・性能で比較【最新ミニバン対決】:
http://car-moby.jp/292584.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UCPK6Qz51eXZhjbDbLb9CCfA?sub_confirmation=1
【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】ミニバン徹底比較! 日産 新型セレナ e-POWERとはどんな車? 日産 新型セレナe-POWERの発売日  日産 新型セレナe-POWER(イーパワー)は、2018年3月1日より販売を開始しました。 ベース車両は、2016年に発売された現行型の5代目セレナとなっています。 日産 新型セレナe-POWERの開発コンセプト  日産 新型セレナe-POWERは、エンジンを発電のみに利用して、電気モーターの駆動力のみで走行するシステム「e-POWER」を搭載しています。 優れた使い勝手や快適な乗り心地など、「セレナ」本来の良さはそのままに、モーター駆動ならではの力強い加速性能と静粛性、そして優れた燃費性能を獲得しました。 日産 新型セレナe-POWERの特長  ・「e-POWER」による優れた加速と燃費性能 ・専用のエクステリア ・専用のインテリア ・半自動運転システム「プロパイロット」の採用 トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドとはどんな車? トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの発売日  ノアとヴォクシーは、トヨタが2001年から製造・販売しているミニバンです。 両車は姉妹車の関係にあり、現行型の3代目モデルは、2014年から販売されています。 ノアがカローラ店での販売であるのに対し、ヴォクシーはネッツ店での販売となります。 エスクァイアは、ノア/ヴォクシーに高級感を付与したモデルとして、2014年に発売されました。ベース車両は3代目ノア/ヴォクシーとなっています。 ノア/ヴォクシー/エスクァイアの最新マイナーチェンジは、2017年の7月に行われました。 トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの開発コンセプト  現行型のノアとヴォクシーは「Spacious FUN Box」をキーワードとして開発されました。 高いレベルでFun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)の融合を実現し、家族の夢を丸ごと載せる広い室内空間を確保しています。 エスクァイアは、ノアおよびヴォクシーにワンランク上の高級感を付与した、高級車の新たな選択肢として開発されており、トヨタではエスクァイアを「新上級コンパクトキャブワゴン」としています。 トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドの特長  ・BOXスタイルで存在感のあるエクステリア ・広く乗降性に優れたインテリア ・充実した室内装備 ・JC08モードで23.8km/Lという低燃費 ホンダ ステップワゴン ハイブリッドとはどんな車? ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの発売日  ステップワゴンは、ホンダが1996年から製造・販売しているミニバンです。 5代目となる現行型ステップワゴンは、2015年から販売されています。 最新のマイナーチェンジは2017年の9月29日に行われており、ステップワゴンのハイブリッドモデルは、このマイナーチェンジで初めて設定されました。 なお、ハイブリッド車が設定されるのは、上級モデルの「ステップワゴン スパーダ」のみとなります。 ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの開発コンセプト  現行型ステップワゴンは、家族で使うことが楽しくなるミニバンとして開発されました。 リビングを思わせる機能的な空間と、画期的なバックドア「わくわくゲート」により、ファミリカーとしての実用性と楽しさを両立しています。 ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの特長  ・クラストップレベルの広さを誇る室内空間 ・独創的な「わくわくゲート」の採用 ・全車標準搭載の「ホンダセンシング」による高い安全性能 ・JC08モードで25.0km/Lという低燃費 【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】ボディサイズ比較 ボディサイズの違い  日産 新型セレナe-POWERと、ライバル4車種のボディサイズに大きな違いはありません。 すべて5ナンバーサイズとなっています。 【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】エンジンスペック・パワートレイン比較 エンジンスペック・パワートレインの違い  日産 新型セレナe-POWERとライバル4車種が搭載するエンジンは、以下の通りです。 ・日産 新型セレナe-POWER:1.2L 直列3気筒「e-POWER」 ・トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッド:1.8L 直列4気筒ハイブリッド ・ホンダ ステップワゴン ハイブリッド:2.0L 直列4気筒ハイブリッド 5車種のスペックを比較すると、エンジンも合わせたシステム最高出力で最もパワフルなのは、ステップワゴン ハイブリッドとなっています。 【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】燃費比較 燃費の違い  5車種の燃費を比較すると、JC08モード燃費は新型セレナe-POWERが最も低燃費です。 またステップワゴン ハイブリッドでは、WLTCモードでの燃費性能も測定されており、より実燃費に近い数値が出ていることが分かります。 【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】予防安全装備・先進技術 予防安全装備・先進装備の違い  日産 新型セレナe-POWERは、全車標準で予防安全装備の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を搭載しています。 また、同一車線上における自動運転システムの「プロパイロット」や、自動駐車機能の「インテリジェント パーキング」など、充実の先進装備も特長です。 ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドには、自動ブレーキ、車線逸脱警報、自動制御ハイビームを統合した衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」が全車標準搭載されています。 ステップワゴン ハイブリッドは、8つの先進装備を統合した安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準搭載しています。 【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】ボディーカラー比較 ボディーカラー・ラインナップの違い  日産 新型セレナe-POWERのボディカラーは、e-POWER専用色のミントホワイトパールを含めて、全13色がラインナップされています。 トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア ハイブリッドのボディカラーは、6色の共通色にそれぞれの専用色1色を含めた、全7色のラインナップです。 ホンダ ステップワゴン ハイブリッドのボディカラーは、6色のスパーダ共通色に、1色のスパーダ ハイブリッド専用色を加えた全7色のラインナップです。 【セレナ e-POWER VS ライバル4車種】グレード構成比較 グレード構成の違い  日産 新型セレナe-POWERのグレード構成は、標準モデルとハイウェイスターでそれぞれ3グレード、全部で6グレードが設定されています。 トヨタ ノア/ヴォクシー ハイブリッドのグレード構成は、標準ボディが2グレード、エアロボディが1グレードの全3グレードです。 エスクァイア ハイブリッドは、全3グレード構
#日産新型セレナePOWER, #ライバル車4選!燃費・価格・性能で比較【最新ミニバン対決】
#セレナ, #ライバル車

-日産

Copyright© 車の世界 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。