マツダ

毎日マツダロードスターを使用します!

投稿日:

毎日マツダロードスターを使用します!
-------------------------
絶版名車と直接の関係はない、ちょっとした寓話から話を始めることをお許しいただきたい。守秘義務に触れる部分もあるため詳細はすべてボカすが、昔々、あるところに某企業があった。筆者が関与していたのはそのなかの一事業部で、事業部の人員数は合計数百名といったところだった。     減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数 あるとき、半期だったか年間だったか、あるいはクオーターだったかは忘れたが、とにかくその期の「粗利」がメンバーに発表された。担当マネージャーによれば、その期のざっくりとした利益は約200万円だったという。もしかしたら約300万円だったかもしれないが、詳細は覚えてない。とにかく、大のオトナが数百人がかりで真剣に取り組んだにしては少なすぎる額だった。まあその期はたまたま、何らかの特殊な事情があったと記憶している。だがいずれにせよ200万円というのは、ちょっと気の利いたフリーランサーであれば1人ぼっちでも2カ月で稼げてしまう金額だ。それを、繰り返しになるが大のオトナ数百人がかりでわざわざ稼ぎだすという作業は、当時まだ若かった筆者には「……雁首そろえて何ムダなことやってんだ?」としか思えなかった。もちろん今は、その事業部がやっていたことを「ムダ」とは思っていない。仕事を回転させて多数の雇用を生み、世の中の経済を回すというのは、それだけで尊い営みである。企業よ、ありがとう。だがこれに類する「ムダ」を、昨今のクルマからも感じてならないのだ。例えばマツダの「ロードスター」という現行車である。いや「現行ロードスターの存在がムダである」などと言っているわけではない。あれは本当に素晴らしい1台だ。マニアは「ND」と呼ぶ4世代目の現行マツダ ロードスターは、2015年5月に登場したFRレイアウト(後輪駆動)の2シーターオープン。前身である3代目は時代の要請等によりロードスターらしからぬ若干の肥大化を見せてしまったが、4代目は初心に戻って歴代最短のタイトな全長を実現。車重もエントリーグレードの「S」に至っては990kgという、現代のクルマにあるまじき軽量っぷりとなった。それがために4世代目のロードスターは、搭載されるエンジンは排気量わずか1.5リッターで、最高出力もたかが131psであるにもかかわらず、抜群なまでに「操縦が楽しいクルマ」だ。マツダが...
-------------------------
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCsB4Q4d1MhcBtDUxiNVPYQg?sub_confirmation=1
-------------------------
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: connorsimmons7083@gmail.com
-------------------------
Thanks For Watching !
-------------------------
New model of Toyota Crown: https://www.youtube.com/watch?v=oyI66rjTFoc
Subscribe Now: https://www.youtube.com/channel/UCeeGK-wh-Pvp3BXHTvdQy9w?sub_confirmation=1

-マツダ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 車の世界 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。