マツダ

metalworkjunky S43年 マツダ・キャロル フロントスカート・ワンオフ Mazda Carol KPDA 旧車

投稿日:

これまたアナログなハンドメイド手法で製作しました、旧車キャロルのFrロアパネル製作動画になります、下記に詳細があります。

●群馬の自動車鈑金塗装・修理・加工・製作 ケイズ・ボディーイフェクト、お問合せはお気軽にどうぞ!
■動画内使用効果音音源・魔王魂=https://maoudamashii.jokersounds.com/

「ksbodyeffect/ユーチューブチャンネル」のモノづくりサブチャンネルが「metalworkjunky・メタルワークジャンキー」です、いろいろなモノづくりを製作過程見せスタイルで発信していきます。

★この動画の詳細:昭和43年式・マツダ・KPDA型キャロルのフロントロアパネル 純正正式名フロント・スカート(樹脂製)がボロボロで修理不可能なためワンオフ製作した時の動画になります。

約50年前の補修歴有な旧車です、今回の元パネルはペラペラでパキパキ割れてますから正確な型は採れません、新品・中古良品があれば交換ですが入手不可です。

形状はボロボロの元パネル参考+現車合わせにて それなり形状で、素材は残材アルミ5052板t=1.6(2枚を1枚に繋いで使用)

というテキトー・ワンオフで作っています、このような場合の材質・製作方法は何種類かありますが、今回は上記内容で作っている次第です。

1本動画で作業全見せにこだわったため 約19分と長尺になってしまいました。

途中ハンマー音でウトウトしそうですが全部見ていただければ パネル製作・下地塗装・上塗り塗装・取付 の一連の作業がわかってもらえる内容になっています。

しかし長いです・・・なのでテキトーにゆるい感じで見ていただけると幸いで~す、作業全見せ難しい。

※採寸・パネル製作・塗装・取付 など一連の作業自体の流れはテキトー・ワンオフでも正確ワンオフでも基本的には同じです、ですが採寸と形状出しにかけるコスト・時間は大きく違ってきます(今回と同じアルミもしくはスチール素材での場合、FRPの場合は作業の流れ自体違います)

板の接合は、元板の圧延方向をそろえたり斜めではなく長手方向に垂直につなぐのが最良ですが、その辺了解の上で都合により今回は動画内のやり方でやっています、またゆるいアール形状なのでアルミ板に焼きなましはしないで行っています。

特にアルミを得意としている訳ではありませんが、アルミ・スチールなどでパネルの修理・ワンオフなど出来ます、お気軽にご相談下さい。

メタルワーク ビードローラー シュリンカー イングリッシュウィ―ル TIG溶接 KPDA キャロル

-マツダ
-

Copyright© 車の世界 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。